みけパパ's 毎日が Photo Special Days

“Photo Special Days” は 「その子らしさ全開の写真で、育児の今と未来を明るくする」 ためのプロジェクトです。代表:光をあやつる子供写真家、三家 寛生(Hiroki Mike)。ブログでは、最新情報や撮り方のコツなどをお届けしています。

<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

【ろうそくだけでも写真が撮れる!】ひらぽん誕生日で魔の二歳児に昇格

ひらぽんが、2歳の誕生日でした。(祝♪)
牛乳アレルギーがあるので、シンプルなカステラにろうそくと砂糖菓子のクマさんだけ乗せて、Happy Birthday to youしました。最初はろうそくだけ買おうと思ってCozy Cornerにいったら、かわいい犬さんやらライオンさんやらいたので、ひらぽんに選んでもらったらクマになりました。確認したら、砂糖菓子には牛乳はいってないとのこと。(動物ゼリーは入っているらしい)

手抜きじゃないかって? まぁ、そうとも言います。。。m(_ _;)m

↓乳も卵も小麦も使ってないケーキ
http://item.rakuten.co.jp/kikuya-oita/cake-08/
なんかにも心を惹かれたのですが、バタバタしているうちに当日が来てしまいました。

さて、誕生日と言えばローソクを吹き消すシーン↓ですがこれを写真に収めるのはなかなか難しい。

ひら2歳1

暗い所で撮るときは用心しないと、ひどい時には誰だかわからないお化け写真になってしまうこともあります。
↓ひらぽんお化けバージョン (こんな感じで、動いていた人はブワッとなります ( ̄□ ̄;)

ひら2歳1B

お化けになってしまうのは暗い所ではカメラが光を集めるのに時間がかかってしまうから。時間がかかっているうちにカメラや人が動くと、大きくブレてしまうわけです。そうすると答えは3つ。

その1:できるだけ短い一瞬で撮れる設定にする
その2:カメラが動かないように工夫する
その3:人が動かないようにする

その1は、どんなカメラを使っているかによりますが、コンパクトカメラや最近の一眼だと「高感度撮影」というのがあると思います。できるだけ短い一瞬で撮れるような設定に自動的にしてくれます。こだわる人なら、マニュアルモード(ダイヤルにMって書いてあるモード)にして1/10秒くらいにして絞りF値をできるだけ小さくし、ISOをカメラの性能に応じてノイズの出ない程度に高く設定することが多いのではないでしょうか。

その2は、カメラの固定。正しい構えの姿勢みたいな難しい話もありますが、僕は両肘を机につく&ファインダーを覗いて撮っているだけです。三脚や台で固定すればベストですが、できないときは座って両肘をつくだけでもかなり違います。ファインダーを覗くのも実は、カメラを顔につけておくとブレが減らせるからです。両肘と顔の3点で固定すると、シャッタースピードで1/4秒くらいまでは平気になります。

その3は、人の固定ですが…、、、2歳児は固定できませんね。もうどうしようもありません。魔の二歳児ですし。いちおう二人のお姉さま方には、「はーい、ちょっと止まっててね~~」とかなんとか言ってあります。

そんなこんなで、ひらぽんがぶれた写真がたくさん撮れ、そのなかに止まってた写真が一枚あったという感じです。これはもう、枚数撮らないとどうしようもない。

クマさんの砂糖菓子は結構お気に入ってしまったらしく、こんな↓感じでお話したくさんしておりました。
(最終的には頭部はひらぽんの、胴体以下はきょうこのおなかの中に無事おさまりました! (*^_^*)

ひら2歳2

>> Read More

| 撮り方コツ | Permalink | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【100倍の光を使ってきれいに撮る】赤ちゃんは窓の近くで撮ってみて!

もうすぐ、ひらぽん2歳の誕生日です。
もう2年もたつのか~と、生まれたての写真を引っ張り出して眺めてみました。

おでこのあたりにはまだ落屑が残っていますねぇ。
1人目の時には皮膚がやたらぼろぼろ剥けてびっくりしたものですが、
3人目ともなるとこの程度の向け具合では物足りないほど。(何が?)

ひらぽん生後10日

できれば日射しの元で撮りたいと思ったのですが新生児ではそうもいかないので、窓の近くに寝かせて撮ったのでした。

なんで日射しの元で撮りたいかって?
それは、カメラは光がいっぱいある方がきれいに撮れるようになっているからです。
そして、直射日光と室内の照明の光では全然強さが違うのです。どのくらいだと思いますか?
直射日光10万ルクスとかに対して、室内はかなり明るい部屋でも1000ルクスもありません。
その差は100倍!

もちろん、外の光が入ってくる窓でも充分に効果はあります。
むしろ、窓のそばの方が強すぎる光が柔げられてフワッといい感じの明るさになるかもしれません。

子供に限らず、きれいに撮ってあげたいときは、ちょっと明るい場所を探してみてくださいね。

Photo:デジタル一眼。絞り4で服をすこしぼかして撮りました。明るさのみ微調整。

| 撮り方コツ | Permalink | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT |